何を重視する?長所別に脱毛サロンを紹介!

379749e6ab4993183f540020458dee8f_s

どのサロンにも長所がありますが、自分にとって利点があるかどうか気になるところです。

そこで各サロンの長所・得意分野をまとめました。

利用を考えているサロンがあなたの生活スタイルにあっていそうかどうか、契約前に比較検討するほうが良いでしょう。

すでに脱毛を始めている人は、今通っているサロンの長所を活用できているかどうか、今一度チェックしてみましょう!

安い・早い・痛くない・抜ける脱毛サロン

サービスも接客態度もサロンに通い続ける上で気になるポイントです。

しかしそれよりも気になるのが脱毛を続ける上でもっと直接的なポイント、つまり「安さ」や、よくサロン通い挫折の原因にもなる「痛み」「脱毛期間の長さ」、肝心の「効果」といえます。

すべてを求めないまでも、どれか一つくらい満足できるポイントを見つけたほうがサロン通いも長続きしそうなものです。

この重視すべき4つの項目別にサロンを紹介します。

なにはともあれ安いサロン

df833817c0c9b00b9d3cba3e25d565f5_s

とにかく総額が安いサロン

脱毛ラボ

金額が小さいとまず契約しやすいというメリットがあります。

金額的な部分で脱毛が始めやすくなるか否か別れますから、安いほうが良いに越したことはありません。

キャンペーンを利用せずとも安いことで評判なのが脱毛ラボです。

月額制プランを持つサロン

毎月決まった料金をお店に支払う、いわゆる月謝制の料金プランで、月々の負担軽減を重視する人がよく選ぶ支払い方法です。

月額制のプランを持つサロン

レイビス:あなたが選んだ施術部位(4ヶ所・10ヶ所・35ヶ所)をセットで脱毛できるプランがあります。

 

脱毛ラボ:サロン側は、時間がある人に月額制プランをオススメしています。

 

キレイモ:ほぼおまかせで満足するまで全身脱毛に通えます。

月額制プランの特徴

メリット

  • 毎月の経済的負担が少なくて済む
  • 中途解約するときも解約手数料がない
  • いつでも辞められる

デメリット

  • 通っても通わなくても毎月料金が引き落とされる
  • 回数がかさむと割高になってしまう

月額制はこんな人に向いています

  • 毎月の支払い金額が少なければいい。総額は高くなっても構わない。
  • 急がず気長にゆるゆる脱毛を続ける方がストレスフリー。
  • いつもキレイでいたいから、つるつるになってもムダ毛再発防止のためにメンテナンスに通い続けたい
  • より好都合なサロンが見つかったらすぐ乗り換えるつもりでいるので解約料がない方がよい。
  • 施術も含め、サロンとの相性をみるため、おためし的に通える期間がほしい
  • 年間予定が安定しているので毎月絶対通える

反対に、こんな人は回数制プランを利用したほうが良いでしょう

  • ゴールが見えるほうがいい。というよりゴールが見えてないと頑張れない。無期限に努力を継続するとか無理。
  • 総額が決まっているほうが安心できる。
  • より都合の良いサロンがみつかっても面倒くさいのでよっぽどでない限り乗り換えはしないつもり。
  • 職業柄、繁忙期は一定のペースで毎月通えない可能性がある。

補足:シースリー月額定額制

これは月額制と回数制の特徴を併せた支払い方法です。

特徴無期限に通い続けられる総額も支払い期間も決まっている

メリット

  • 毎月の料金引き落としを気にするのは24ヶ月間だけでよい
  • ボーナス払いあり・なしを選べる
  • 分割手数料はシースリーが負担してくれる
  • 有効期限が無期限
  • 支払い終了後は好きなときに無料で通い続けられる
  • 妊娠などで脱毛を長期休止するときもお店に連絡しなくてよい

デメリット

  • 休会システムがないので何があっても料金引き落としがストップできない
  • 中途解約時は解約手数料が差し引かれる
  • 好きなときに辞められない

支払い期間と脱毛を休止している期間がかぶると、施術は受けられないのに引き落としだけはされるので損した気分になります。

しかし脱毛再開後はいつでもお店に通えますから本当に損したわけではありません。

長期的な脱毛プランを考えている人は、利用するサロンの候補にシースリーを入れても良いでしょう。

都度払いのできる(施術1回から契約できる)サロン

回数制の料金プランには1回という少数回の契約が可能な場合もあります。

少数回のプランは割高ですが、それでも金額自体が大きくありません(照射1発500円~3000円程度のところが多いです)

都度払いはこんな人に向いています。

  • お店を利用した分だけお金を払いたい
  • お金を確実に払えるときだけ利用したい
  • 目立つムダ毛が少数本生えている

こんな人は要注意!利用する前によく考えましょう。

  • 部分的にムダ毛が気になるが数発の照射で済むか微妙な毛量・範囲(脱毛機の照射口は1cm×5cm程度の場合もあります)

ワンショット脱毛など、施術回数1回から契約ができるプランを持つサロンを紹介します。

  • ジェイエステティック
  • 脱毛ラボ
  • エピレ
  • TBC
  • ピュウベッロ

ジェイエステティック

1回から契約できますが割高です。⇒ジェイエステティック料金一覧表

ジェイエステティックは勧誘があったという口コミが多く寄せられています。

あなたがお試しのつもりで1回だけ契約しようとしても、もっと多くの回数を契約しないかと勧誘される可能性があります。⇒ジェイエステの口コミまとめ!勧誘はされない?

脱毛ラボ

「1回単発プラン」がありますがこれは割高といえます。月額制か回数制のプランを利用しないと損です。

 

エピレ

1回からの契約ができるのはLパーツです。⇒エピレ価格表

Sパーツは2回からの契約になるので、キャンペーンを利用して安く脱毛しましょう。

 

TBC

都度払いのシステムは電気脱毛やスキンケアのコースに多く適用されています。⇒TBCスーパー脱毛価格表

ライト脱毛のコースにもエピレ同様1回から契約できるコースがありますが、やはりそれはLパーツのみです。⇒TBCライト脱毛価格表

 

ピュウベッロ

セット脱毛でない限りすべての部位に対して1回からの契約が可能です。ワンショット脱毛もあります。⇒ピュウベッロ脱毛料金一覧表

 

早さ重視!半年程度で卒業できるサロン

うさぎスピードプラン

 

キレイになれるなら短期間でキレイになりたいものです。

以下に当てはまる方は脱毛期間が短いサロンを選んだほうが良いでしょう。

  • 脱毛期間が長引くと挫折しそう
  • ゴールが見えないとお金を無駄にしてる気がする
  • 仕事柄、繁忙期にはサロン通いする時間が取れないかもしれない。

スピードプランを持つサロン

ラ・ヴォーグ:スピードパック6回 

脱毛ラボ:回数パック脱毛プラン6回

2プランの共通点はこの3つです。

  • 施術回数:6回
  • 来店ペース:2週間に1回
  • 脱毛完了までの期間:最短半年

両者の違いは脱毛方法です。ラヴォーグはIPL、脱毛ラボはSSCを用いています。

敏感肌など、肌へのダメージが気になる人にはSSC脱毛のほうが無難です。

脱毛期間の短さに加え、脱毛方法の違いもサロン選択のポイントに加えて検討すると良いでしょう。

施術時の快適さ重視!痛くない・寒くないサロン

00b1a6af78a9457e81310795ed112ee1_s

「効果が肝心!それはわかってるんだけど、痛みや冷えが強かったら通うのためらう…」

痛みの少なさはサロンに通う上で快適さの評価につながります。

さらに、施術中は服を着ていない状態も多いことから「身体が冷えない」という視点も加えました。

サロンでの施術中の評価する際のポイント「痛み」と「冷え」、この2点から快適なサロンをピックアップしました。

なかでもディオーネがその両方を解決してくれそうです。

ジェルなし脱毛をやっているサロン

キレイモ:脱毛機の照射口が冷却ヘッドになっているため、冷却ジェルが必要ありません。

照射と同時に冷却をしているので冷却時間の分、施術時間も短縮できます。

寒がりさんには「結局冷やされるから寒い」と相変わらず不評です。そのような方はディオーネのほうがストレスなく利用できるはずです。

常温~ホットジェル使用のサロン

ディオーネ:肌への熱ダメージがとても少ない脱毛方法を用いているので冷却自体が不要ホットジェルを使用し、施術中の身体の冷え対策をしてくれます。

 

ミュゼ:これまでは「ジェルが冷たすぎる」と不評だったため、最近では脱毛器の変更に伴い常温のジェルを使用しています。

冷却ジェルをやめ、常温ジェルに切り替えたミュゼですが「常温ジェルはエアコンの風が当たれば冷えてしまうから時間が立つと寒くなってしまう」という声もあります。

身体の冷えが気になる方はディオーネのホットジェルに望みをつなぎましょう。

痛くないサロン

ディオーネ:肌に熱ダメージを与えていないので痛みや熱さを感じません。⇒痛くない脱毛とは ハイパースキン脱毛について

 

エピレ:口コミによると、痛みがほとんどないと好評です。

 

ミュゼ:痛みの感じ方には施術部位により差が生じるようですが、痛みが少なかったという口コミが多くみられます。

 

脱毛ラボ:こちらも痛みの感じ方には個人差がありますが、痛みがあったという口コミがほとんどありません

VIO脱毛など、痛みを感じやすいデリケートな部位の脱毛を考えている方は上記4サロンの利用を検討したほうが良さそうです。

毛周期を気にせず通えるサロン

ディオーネ

毛の生成自体を抑える方法を取り入れています。

生成された毛根に熱ダメージを与えて脱毛するのではありません。

毛根のメラニン色素に光を反応させなくてよいので、それほど毛周期を気にせず脱毛に通うことができます

ただし今現在生えている毛には効果がないので、つるつるになるまでには時間がかかります

効果重視!よく抜けるサロン

美白マカロン

サロンに通う上でそもそも肝心なのは脱毛効果!

つるつるすべすべの美肌を手に入れるべく脱毛効果の高いサロンで脱毛したいものですね。

脱毛効果の高いサロンを紹介します。

電気脱毛を行っているサロン

TBC

電気脱毛は本来医療行為ですから、殆どのサロンでは取り入れていない脱毛方法です。

電気脱毛のコースだけを利用するならクリニックを利用しても良いでしょう。

エステサロンであるTBCで電気脱毛を利用するのであれば、スキンケアメニューや他のエステコースと併せて利用したほうが良さそうです。

そのほうがエステサロンで電気脱毛をするメリットを感じられるはずです。

SSC脱毛をしているサロン

脱毛ラボ:ある程度脱毛したい範囲が広い場合は脱毛ラボの回数パックを利用するとお得です。

ミュゼ:脱毛したい範囲がたいして広いとはいえず、どちらかと言うと腕・脚・VIOなど、特定部位のムダ毛が気になる人にはミュゼが向いています。フリーチョイスやセット脱毛のプランを利用すると良いでしょう。

補足:SSC脱毛

SSC脱毛とは、肌に塗布したジェルに光を当てることでジェルを毛穴に浸透させ、脱毛していく方法です。

これはメラニン色素に光を反応させて脱毛する方法ではないので、一見毛周期に関係なく脱毛に通えるのでは?と思われがちです。

確かにこれは成長期の毛根に熱ダメージを与える必要がない脱毛方法です。

しかしSSC方式はムダ毛の生成を抑える作用がある方法なので、毛根の生成が活発な時期(毛の成長期)に最も高い効果を発揮する方法なのです。

したがってSSC脱毛もまた、毛周期を気にして脱毛に通う必要がある脱毛方法ということです。この点ではIPL方式と同じですね。

メニューがシンプルでわかりやすいサロン

77a62a18d87880a213fbb4dacf07d03d_s

どれだけ良いプランやコースをもつサロンでも、利用者自身がそれを把握できていなければ、その特色を活用しきれません。

それよりはシンプルなメニューを自分自身で理解して利用したほうが安心できるはずです。

よくわからないからお店のスタッフ任せにするのはやめたほうが良いでしょう。

店舗スタッフも完璧ではありません。あとになって「こんなはずじゃなかった」と後悔することになりかねません。

全身脱毛ならここ!というサロン

自分自身では把握も処理もできないのに他人の目に触れるムダ毛。

他人の意見を知ると意識してなかった部分もムダ毛が気になりだすものです。

いっそのこと全身脱毛したほうが今後ムダ毛処理の心配をすることなく生活できるのではないでしょうか。

ボク、見たくなかった……! 男性が見て後悔した女性のムダ毛4選|「マイナビウーマン」

ここにリーズナブルな全身脱毛のコースを用意しているサロンを紹介します。

全身というからには顔もVIOも施術部位に含まれます。

脱毛ラボ:施術部位が細かく分けられているので、単発プランは考えない方が良いでしょう。割高になってしまいます。

キレイモ:施術部位にVIO・顔(目以外全て含まれる)が含まれています。

ラ・ヴォーグ:このサロンにあるのは全身脱毛のプランのみです。施術部位の少ないメニューを選ぶと割高になります。

補足:上記の3サロンほどではありませんがこちらの全身脱毛プランも一考に値します。

レイビス:もみあげやフェイスラインも顔に含まれます。

銀座カラー:顔あり・顔なしのプランが用意されており、銀座カラーの顔は鼻下と別の扱いになっています。

エターナルラビリンス:現在(2016年10月時点)新規入会受け付けは停止中ですが、プランは回数制の全身脱毛のみなのでシンプルです。

VIO脱毛が得意なサロン

「デリケートゾーンの毛の処理はみんなどうしているのか気になる」

この問いからVIO脱毛への関心が高まっています。

●●の穴は大変!? 女子が「実は処理していない」ムダ毛パーツ4選|「マイナビウーマン」

現在ではVIO脱毛に特化した施術コースを用意しているサロンがほとんどで、以下のサロンはどちらもVIOをはじめとする部分脱毛のプランが充実しているサロンです。

ピュウベッロ:すべてのコースの最大施術回数が6回に設定されています。料金・回数ともに大型の契約がないのが安心できるポイントです。

 

ミュゼ:VIOとその周辺を含む7ヶ所のセットプラン「ハイジニーナ7」があります。部位の組み合わせにもよりますが、7ヶ所の中から気になる部位だけを選んで脱毛するよりセット脱毛にするほうがお得でしょう。

予約の取りやすいサロン

4da9abf0cbf14f2647f3a2e01daf8a6b_s

予約のとりやすいサロンには以下の2つのうちどちらかの要素があるはずです。

  • 来店頻度が低い(その代わり1回の来店で契約部位すべて施術できる)
  • 施術時間が短い(その代わり1回の来店では契約部位すべてを施術できず、数回に分けられてしまう)

キレイモ

キレイモに対して予約が取れないという不満の声はあまり見られませんが、それは脱毛のペースが「3ヶ月に1回の施術」だからです。

つまり顧客1人の来店頻度が低いことがこの評価に影響しているのです。

予約システムが特別優れているというわけではありません。

エピレ

エピレは部分脱毛のコースが多いサロンです。

これは顧客1人に対する施術時間が短くてすむ場合が多いということです。

つまり顧客1人あたりにかかる所要時間の短さが回転率の高さにつながっていると考えられます。

それが予約が取りにくくなるのを防いでいると思われます。

エピレの予約の取りやすさに対し好意的な口コミが多いのはそのためでしょう。

キャンセルが出たら教えてくれるサロン

希望の日時に予約が取れなかった顧客のために、キャンセルが出たら通知してくれるサービスがあります。

その予約システムを有しているサロンを紹介します。

  • シースリー
  • ミュゼ

シースリー

いまカラかよエール⇒C3って本当にお得?徹底調査しました。

「予約開始日時にみんな一斉にログインするから予約が取れない」「みんなと都合のいい日が被るからよく枠の争奪戦になる」という声もあります。

 

ミュゼ

ミュゼパスポート最大手ミュゼプラチナムを解説!特徴は?

「教えてくれたところで平日の昼間とか来店不可能な日時だと意味がない」、「予約可能な期間が短縮されて不便になった」、などの声もあります。

自分で予約を入れられるサロン

シースリー

どこの店舗でも24時間自分自身でオンライン予約可能というシステムを持っているのがシースリーです。

予約の取り安さが店舗によりばらついていることは否めませんが、予約が取りやすい店舗に通う人は便利だと感じているようです。

しかしこの予約システムに対し不満を持っている利用者も多く、近頃はこのような声が聞かれます。

https://twitter.com/L3joqiAmo2/status/776275226099261440

予約システムを利用しようとしたものの、使い始めのもたつきに苛立つ声が多い模様です。

このような口コミの他にも、予約受付開始時刻の混雑が原因と思われる予約の取りにくさがストレスになっているという声もあります。

どこの店舗であっても自分で予約を入れられるのはシースリーの長所の一つです。

しかし自分に都合のよい空き枠がなかったり、そもそも混雑が原因で予約ページに入れなかったりするのでは予約サービスも無意味です。

このような思いをしている人は他のサロンを利用したほうが早そうです。

エピレは予約が取りにくいという怒りの声をほぼ聞かないので、こちらの利用を検討したほうが良いかもしれません。

あるいは予約専用アプリも持つミュゼを利用するのもありです。

ミュゼも予約のとりやすさは店舗によりばらつきがありますが、そこは店舗数の多さでカバーしているようです。

希望店舗に調度よい空き枠がない場合、近隣の店舗を案内しています。

補足:ペナルティのゆるいサロンを紹介

せっかく取れた予約でも仕事や生理などでキャンセルせざるを得ないこともあります。

もしものときに備えて最初から遅刻・キャンセルに対してペナルティのゆるいサロンで脱毛するというのも1つの手です。

サロン 対象コース 遅刻 前日キャンセル 当日キャンセル
キレイモ パックプラン 施術時間短縮 21:00までなら

ペナルティなし

1回分消化
ミュゼ 全コース 10分で強制的に

当日キャンセル扱い

23:59までに

連絡すれば

ペナルティなし

中途解約する時は

当日キャンセルした

施術分が返金対象外になる

サロンとは長いお付き合いになることがほとんどです。

なるべくお店に迷惑をかけず、自分もペナルティで余計な出費をしないためにこの2サロンを覚えておいても損はないでしょう。

サービス重視!脱毛だけじゃないサロン

2154529449482b795d34744d29f3b726_s

施術そのもの以外のサービスも受けられるのがサロン脱毛の利点です。

エステやスキンケアのサービスが受けられるサロンをチェックしておきましょう。

エステもできるサロン

ボディとフェイシャルのコースがあります。TBCとジェイエステティックにはブライダルのコースもありますね。

永久保証付きのサロン

シースリー:一定額を支払ったらあとは一生追加料金無しで通い続けられるというのは、全身脱毛を契約する人にとってはかなり使えるサービスといえます。

補足:会員特典が多いサロンを紹介

脱毛ラボ「全身エステパック」:脱毛ラボのスキンケア用品「プリンセスケア」シリーズを使用したエステのコースです。

キャンペーン期間中に契約すると全身のエステコースが施術のたびに無料でついてきます。

銀座カラー「美肌潤美」:新規で全身脱毛を契約すると、美肌潤美を全身で体験させてくれます。

より多くの長所を持つのはミュゼとエピレ

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s

特典やコースが多すぎて覚えきれないという声もある一方、脱毛部位の組み合わせのバリエーションが豊富で融通が効くところが好きという声もあるのがミュゼとエピレです。

ミュゼエピレ共通の長所

  • 特典を受けるための条件がわかりやすい(初回限定・WEB予約限定・当日契約)
  • 安いプランがある
  • 勧誘が少ない
  • 痛みが少ない
  • 脱毛のコースが充実している
  • 施術部位の組み合わせにある程度融通が効く

不満の声もゼロではありませんが、料金や脱毛後の仕上がりに直結するポイントを抑えたこの2サロンが人気のようです。

補足:「綺麗になりたいけど細かいことは気にしたくないし覚えていられない」というタイプの人はキレイモの方が良いでしょう。

安い・早い=よい店だという価値観の人には脱毛ラボまたはラ・ヴォーグが向いています。

サロンは数あれど、一人が利用できるサロンは限られています。

まずは脱毛する上であなたが重視するポイントを絞りましょう。

あなたの最も重視しているポイントとサロンの長所がマッチしているかどうかでサロンを選ぶべきといえます。

そうすれば、他のポイントが多少難ありでも目をつぶって脱毛に通えるでしょう。

2016/11/05